ラグビーワールドカップ2019のオフィシャルロジスティクスパートナーのDHL、ボールデリバリーキッズ20名の募集を開始

2018年9月19日 

新たにDHLブランドアンバサダーに就任した 槙野 智章選手(左)、松島 幸太朗選手(中央)、大西 将太郎氏(右)

  • 松島 幸太朗選手、槙野 智章選手、大西 将太郎氏とブランドアンバサダー契約を締結
  • 1年後の日本代表対ロシア代表開幕戦でボールを運ぶキッズ第一号を決定

国際エクスプレスのグローバルリーダーであるDHLジャパン株式会社(略称:DHLジャパン 代表取締役社長:山川丈人 本社:東京都品川区)は、オフィシャルロジスティクスパートナーを務めるラグビーワールドカップ2019™日本大会に向け、大会の試合においてマッチボールを運ぶキッズを募集する「DHLマッチボールデリバリー」キャンペーンを本日スタートします。また、来年のラグビーワールドカップ2019をさらに盛り上げるために、日本代表の松島 幸太朗選手、サッカー日本代表・浦和レッドダイヤモンズ(略称:浦和レッズ)の槙野 智章選手、そして元ラグビー日本代表の大西 将太郎氏とのブランドアンバサダー契約締結も発表しました。本日、アンバサダー発表会見の会場に集まった子供たちの中より、1年後の日本代表対ロシア代表戦のキックオフでボールを運ぶキッズ第一号に、山村 瑛輝(やまむら えいき)君(東京都江東区・9歳)を正式決定しました。

「DHLマッチボールデリバリー」キャンペーンとは、日本在住全国の小中学生から、夢やスポーツへの熱い気持ちを持ったキッズを募集し(募集期間:2018年9月19日~2019年2月19日まで)、選ばれた子供たちに、ラグビーワールドカップ2019本番の夢舞台で、試合に使用するボールを運ぶ大役を担ってもらうものです。キャンペーン詳細については、

dhl.com/rugby-2019undefined  をご覧ください。

DHLジャパン株式会社 代表取締役社長の山川丈人は、「開幕までの残り1 年、ラグビーワールドカップ2019のさらなる盛り上げに向け、このたび、新たにアンバサダーとして松島選手、槙野選手そして大西氏をお迎えできることを嬉しく思います。『マッチボールデリバリー』キャンペーンを通して日本の子供たちの夢を実現するだけでなく、全国のラグビーファンの皆さまにワールドカップの感動と興奮をお届けできるのはこの上ない喜びです」と述べました。本日、発表会見の場で山川より「ラグビーワールドカップ2019」のロゴ入り特製パネルを受け取った山村 瑛輝君は、「大会のボールキッズに選ばれて緊張していますが、とてもうれしいです。ワールドカップの試合を見るのが楽しみです」と語りました。

DHLでは今年6月にジョン・カーワン元日本代表ヘッドコーチのブランドアンバサダー就任を既に発表しており、今回アンバサダーに就任した3名を加え、計4名のアンバサダーと共に、世界中のラグビーファンそして日本の皆さんにラグビーワールドカップをより身近に感じていただけるよう、引き続き様々な取り組みを進めていきます。新しく、ラグビーワールドカップ2019におけるDHLアンバサダーに就任した3名のコメントは下記の通りです。

松島 幸太朗選手  

1年後に迫ったビッグイベントで、僕やチームが成長する姿を世界中のファンに見せたいと思っています。初出場の2015年イングランド大会と比べ、チームで求められる役割、自分が出来ることも、大きく変わってきました。その1つがDHLアンバサダーへの就任だと思っています。ラグビー同様、自分の役割をしっかりやって大会を盛り上げていきたいです。

槙野 智章選手  

私自身はサッカーが自分のフィールドですが、日の丸を背負って戦う重み、覚悟、そして世界と戦うことの難しさはどのスポーツも共通と思います。個人的に、来年のラグビーワールドカップ2019の試合観戦を楽しみにしていました。今回、浦和レッズと長年パートナーシップを結んでいるDHLのアンバサダーを務めることができ、大変光栄に思います。

大西 将太郎氏  

日本でのラグビーワールドカップ開催は、全てのラガーマンの願いでした。いよいよ来年に迫った大会を前に万感の思いです。各地の予選を勝ち抜き世界最高峰の大会に参加する全てのチームにエールを送りたいと思います。またこのたび、世界的な輸送会社であるDHLのアンバサダーとして、日本のラグビー盛り上げに貢献できることを大変嬉しく思います。

DHLは、ワールドワイドパートナー兼オフィシャルロジスティクスパートナーとして、ラグビーワールドカップ2019の大会機運盛り上げに向け様々な取り組みを実施しています。「DHLマッチボールデリバリー」キャンペーンはそうした取り組みの一つであり、前回のラグビーワールドカップ2015英国大会において、DHLは、大会全試合のマッチボールを運ぶ48人の子供たちを世界42ヵ国から招待しました。英国はもとより、日本、カナダ、オーストラリア、サモア、ウガンダ、ナミビアなど、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、アフリカ大陸から参加した子供たち48人に、夢の大舞台で生涯の思い出となる体験を提供しました。

DHLジャパン社長の山川丈人(右)とキッズ第一号に決まった山村瑛輝(やまむら えいき)君(左)

「DHLマッチボールデリバリー」キャンペーン概要

 

応募期間

2018年9月19日~2019年2月19日23:59まで 

応募方法

キャンペーン特設サイト上に、必要事項を入力のうえ、「熱いスポーツ体験」をテーマに作文(400字程度)と写真を提出。1次選考を通過した方には事務局よりご連絡いたします。2次選考では面接を予定しています。

応募資格

  • 小中学生(8~15歳まで)とその保護者1名の1組2名
  • 保護者の承諾を得ていること
  • DHLが提供する旅行日程に同意できること

参加期間

2018年9月~11月の大会期間中の試合日

内容

ラグビーワールドカップ2019日本大会期間中の試合でボールデリバリーを行うキッズ20名を募集

当選発表

2019年4月

試合開催日時

大会期間中のDHLが決定する試合日程による

 

特設サイトURL

dhl.com/rugby-2019

Facebook URL

facebook.com/DHLExpressJapan