日東電工、DHLをリード・ロジスティクス・プロバイダーに指名

2018年4月26日 東京発

日東電工の国内物流機能をDHLに継承するパートナーシップ契約を締結

ロジスティクス業界のグローバルリーダーであるDHLサプライチェーン株式会社(本社:東京都品川区 / 代表取締役社長:ギャビン マードック)は、エレクトロニクス、自動車、ライフサイエンスなど幅広い業界に様々な価値を付加する日本有数の総合部材メーカーである日東電工株式会社(本社:大阪府大阪市 / 代表取締役社長:髙﨑 秀雄、以下Nitto)と、日本国内における5年間のリード・ロジスティクス・プロバイダー(Lead Logistics Provider、以下LLP)契約を締結したことを発表しました。本契約の下、これまでNittoの物流子会社である日東ロジコム株式会社が担ってきたNittoおよびNittoグループの国内における物流機能をDHLが継承することになります。

DHLサプライチェーンの代表取締役社長であるギャビン マードックは、「主要な事業領域において世界トップクラスのシェアを誇るNittoのLLPパートナーにお選びいただき、大変光栄に思います。当社はコニカミノルタ社と同様の契約を結んでおり、その成功事例を踏まえ、特に日本国内の市場環境の中で、LLPソリューションを通じて業務標準化とコスト最適化を推進できる当社の専門性を評価いただきました。世界中のオペレーションから収集・蓄積した知識を共有し、Nittoに新たな価値をご提供できることを楽しみにしています」と述べています。

DHLは、NittoのLLPパートナーとして、宮城、埼玉、愛知、福井、滋賀、三重、広島、愛媛県の国内8ヵ所に在る事業所内に併設されている物流拠点において、入荷、保管、出荷、付加価値サービス、輸配送管理サービスを提供することになります。また、Nittoの自動車関連顧客を中心にサービスを提供している営業倉庫の運営管理も担います。

本LLPパートナーシップの下、DHLは倉庫業務の最適化、輸配送業務の改善、国内配送ネットワークの再構築、業務プロセスの標準化、より効果的な管理手法の確立といった取り組みを実施し、Nittoにコスト削減をもたらします。

DHLサプライチェーンが提供するLLPサービスでは、お客様の既存ネットワークに効率的な物流プロセスを導入し、エンドツーエンドの計画立案やサプライチェーン設計などの付加価値サービスを提供します。その他にも、主要業績評価指標(Key Performance Indicator:KPI)に基づく品質管理やコスト管理の可視化、業務プロセスの標準化などの取り組みにより、サプライチェーン全体を包括的に管理し、お客様が需要変動に効率的に対応できるよう支援します。

DHLサプライチェーンは、世界中のオペレーションを通じて培った知識や専門性を活かして、日本国内でもお客様のニーズに合わせたソリューションを提供し、国内における事業を拡大・強化してきました。お客様の物流管理およびオペレーションを全面的に受託するサード・パーティー・ロジスティクス(3PL)ソリューションは、倉庫管理、国内輸配送、保守部品物流、梱包・包装資材設計、廃棄・リサイクルなど幅広く対応しており、そのすべてに最先端のITソリューションやプロジェクト管理手法が活用されています。