DHLジャパン、2018年日本版「働きがいのある会社」 6年連続でベストカンパニーにランクイン

プレスリリース: 東京 02/21/2018

国際航空貨物輸送会社、DHLジャパン株式会社(略称:DHLジャパン 代表取締役社長:山川丈人 本社:東京都品川区)は、Great Place To Work® Institute Japan (GPTW) が発表した2018年日本版「働きがいのある会社」ランキングにて、6年連続でベストカンパニーに選出されました。このランキングは、「信用」「尊敬」「公正」「誇り」「連帯感」の5つの要素に基づき「従業員の声」を集める無記名アンケート(2/3の比重)と、企業文化や会社方針、人材に関する施策・制度について会社へのアンケート(1/3の比重)の2つの調査によって選定されています。

DHLジャパンの代表取締役社長である山川丈人は、「やる気のある優れた人材の育成・働きがいのある職場づくりこそが、業界トップの優れたサービス品質を作りだす原動力となります。全ての人が生き生きと働ける職場づくりを目指して、会社全体でこれまで『働き方改革』に取り組んできた成果が、このたび6年連続のランクインという栄誉に結実したことを大変誇りに思います」と述べています。

毎年9月に全社員に向け、社員満足度を測る「社員意識調査」を行い、部門ごとにその調査結果を分析し毎年改善施策を実施しており、最近は特に、性別に関係なく働きがいのある職場づくりを目指し、女性従業員の仕事と家庭を両立させるための育児支援の取り組みに力を入れてきました。直近の成果としては、ワークライフバランスを求める女性従業員の声に応え、時間単位で有休取得を可能にした有給休暇の時間単位付与制度があり、また子育て中の従業員の子供に職場を見て体験してもらう「にこにこファミリー」イベントは、イベント運営を手伝う従業員のボランティアを含め3年間で延べ700人が参加するなど、参加の裾野は社内で確実に広がっています。

従業員のエンゲージメント向上策として新たに2017年は、アジア太平洋地区内からサッカー24チーム、チアリーディング21チームを含む約1,000人がシンガポールに集結し、アジアチャンピオンを決定するDHLアジアカップがシンガポールで開催され、参加した社員のみならずその社員を応援する各国従業員間で、国境を越えた交流や絆を強める催しが開かれました。

ドイツポストDHLグループでは、働きやすさや業務へのモチベーション向上による従業員の満足度向上こそが優れたサービス品質の実現につながるという考えのもと、中長期成長戦略の3本柱の一つとして「社員から選ばれる企業」の実現を目指しています。その指標となるのが、全世界50万人の社員に対し毎年9月に一斉に行う社員満足度を測る「社員意識調査」です。