ラグビーワールドカップ2019™日本大会を応援し、 DHLジャパン、公式FACEBOOKをオープン!

プレスリリース: 東京 02/19/2018

国際エクスプレスのグローバルリーダーであるDHLジャパン株式会社(略称:DHLジャパン 代表取締役社長:山川丈人 本社:東京都品川区)は、ラグビーワールドカップ2019(RWC2019)日本大会を応援し、本日、公式Facebookをオープンします。

Facebookでは、ラグビーワールドカップ2019日本大会のオフィシャルロジスティクスパートナーを務めるDHLならではの情報をリアルタイムに発信し、日本初アジア初の世界的スポーツイベントの開催機運の盛り上げをバックアップしていきます。そのほか、最近では、海外通販サイトなどで購入しDHLサービスを使って海外より品物を受け取るなど、一般生活者にも国際エクスプレスサービスが身近なものになりつつある状況をふまえ、公式ページとしてDHLに愛着を持ってもらい、DHLが提供する国際エクスプレスサービスの利便性への理解を促すことを目的とします。概要は下記の通りです。

写真:DHLジャパン公式Facebook
スクリーンショット
[公式Facebookページ概要]

公開日:2018年2月19日(月)

URL:https://www.facebook.com/DHL-Express-Japan-946397982178943/

 

掲載情報:

・ラグビーワールドカップ2019日本大会について

・ラグビーワールドカップ2019に関するDHLの取り組み、DHL動画や写真

・DHLの会社情報、DHLが提供する国際エクスプレスサービスについて

・貿易の豆知識について

 

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」へのパートナーシップにより、DHLとラグビー競技の長期にわたる関係は継続します。DHLは、前回のラグビーワールドカップ2015においてもオフィシャルロジスティクスパートナーとして、世界各地から英国・イングランドへの、大会やチーム装備一式の輸送を担いました。13ヵ所の競技会場へ運んだ合計48トンものチーム貨物、1,400個ものオフィシャルボール、20セットのゴールポストをはじめ、世界160ヵ国以上へ40万枚を超えるチケットを輸送しました。