DHL、開催2年前を迎え、 ラグビーワールドカップ2019™に向けて準備を加速

プレスリリース: 東京 09/20/2017

オフィシャルロジスティクスパートナーとして、特別ペイント車を集配業務に導入するなど、会社内外でイベント機運を盛り上げ

国際エクスプレスのグローバルリーダーであるDHLジャパン株式会社(略称:DHLジャパン 代表取締役社長:山川丈人 本社:東京都品川区)は、開催2年前を迎え、ラグビーワールドカップ2019(RWC2019)に向けて準備を加速しています。日本の組織委員会とも打ち合わせを重ねるなどして、ワールドワイドパートナー兼オフィシャルロジスティクスパートナーとして、全社を挙げてラグビーワールドカップ2019(RWC2019)を応援すべく様々な取り組みを進めていますが、このたび、RWC2015イングランド大会での日本をはじめとする各国代表チームの選手達をデザインした特別ペイント車を全国の集配業務に導入します。

2017年末までにはまず50台の集配車両が塗装され、全国の街角で集配業務に携わります。これらの集配車両は、今後2019年大会へ向けてまた大会期間中も、RWC2019のロジスティクスをサポートしていきます。またDHLは、世界中から日本へ届く各国代表チームの装備の輸送、そして日本におけるキャンプ地と試合会場間の運搬も含め、大会の運営に関わる重要なロジスティクスを担う予定です。既にDHL社内では、日本そして世界中の専門家からなるRWC2019のロジスティクスを専門に担うチームを発足し、2019年へ向け、代表チームおよび大会運営全般に必要とされるロジスティクス業務について準備すべく定期的に話し合いを重ねています。

DHLジャパン代表取締役社長の山川丈人は、「オフィシャルロジスティクスパートナーとして、日本初、アジア初の開催となるRWC2019をサポートできることを光栄に思います。DHLは2019年に向け、開催を心待ちにする世界中のラグビーファンそして日本の皆さんに、この大会を身近に感じていただけるよう今後さまざまな取り組みを展開してまいります」と述べています。

DHLはRWC2019を応援すべく1,700人の全社従業員を対象に、同社が企画するラグビー関連プログラムやRWC2019情報を発信、またRWC関連グッズを制作するなど、社内でもこの国際的なスポーツイベント開催の機運を醸成し、また同社が大会で果たす役割についての理解を図るなどして、大会盛り上げの取り組みを進めています。

「ラグビーワールドカップ2019」へのパートナーシップにより、DHLとラグビー競技の長期にわたる関係は継続します。DHLは、ラグビーワールドカップ2015においては、オフィシャルロジスティクスパートナーとして、世界各地から英国・イングランドへの、大会やチーム装備一式の輸送を担いました。13ヵ所の競技会場へ運んだ合計48トンものチーム貨物、1,400個ものオフィシャルボール、20セットのゴールポストをはじめ、世界160ヵ国以上へ40万枚を超えるチケットを輸送しました。