バルチラ社とDHL、倉庫業務の合理化に向け、フェッチ・ロボティクス社の最先端移動ロボットを導入

プレスリリース: ボン 08/15/2017

テクノロジー企業であるバルチラ(Wärtsilä)社と世界を牽引する物流企業であるDHLは、このたび、フェッチ・ロボティクス(Fetch Robotics)社の移動ロボットを活用した実証実験に成功したことを発表しました。本実証実験は、オランダのカンペン市にあるバルチラ社の中央物流センターにて実施されました。この物流センターは、受注から顧客配送までバルチラ社の保守部品物流を担っており、DHLはバルチラ社のパートナーとして倉庫業務を運営しています。

本実証実験の目的は、最新の技術革新を日々の倉庫業務においてどのように活用することができるか、その可能性を探ることでした。また、ロボット工学が倉庫現場にもたらす価値や、ロボットと人間の共生・共存について理解を深めることも狙いとしていました。

今回の実験で採用した移動ロボットは、二地点間の資材運搬を支援するものです。複雑なプログラミングが必要なく、短時間でバルチラ社の庫内作業フローの設定および変更が可能な作りになっており、日々変化する現場の環境に対応することができます。現場スタッフは、タッチ画面からボタン一つでロボットを操作することができます。

DHLカスタマーソリューションズ&イノベーションのロボティクス・アクセラレーター・リードであるデニス ニエズゴダは、「今回の実験では、現場スタッフが中核的役割を担いました。ロボットはスタッフと行動を共にし、身体に負荷のかかる作業を人間に代わって行うよう設計されています。ロボットは単独で30km/日以上の距離を走行し、庫内の安全性および生産性の向上にも貢献しました」と述べています。

自律型移動ロボットは、最大78kgまで積載可能で、時速7.2kmで走行します。連続稼働時間は9時間で、自律的に充電器まで移動します。知能ロボットは、自らの位置や周囲の状況を認識し、移動障害物と静止障害物を区別して回避するため、人間の周りで安全に稼働することができます。

バルチラ社がパートナー企業とともに今後の移動ロボットの可能性を切り拓く
新世代の高性能移動ロボットは、人間の潜在能力を引き出すことで物流業界に貢献します。人間の作業負荷を軽減し、作業スピードを向上させることにより、効率化を促進します。

フェッチ・ロボティクス社のCEOであるメロニー ワイズ氏は、「DHLとのパートナーシップは、当社にとって前進への大きな一歩となりました。わずか数日で当社の移動ロボットを倉庫に配置し、生産性向上だけでなく、現場スタッフの安全性向上も実現することができました」と述べています。

バルチラ・サービス(Wärtsilä Services)の部品配送担当ジェネラル・マネージャーであるアン トレスクベック氏は、「今回の実証実験が成功したことで、バルチラ・グループは、高性能移動ロボット技術の新たな活用方法を模索し続け、開発を継続することを決定しました。翌数ヶ月間で、パートナー企業とさまざまな種類のロボットの実験を行い、現場の生産性、品質、安全性の向上に取り組みたいと考えています。私たちは今後の展開をとても楽しみにしています。ロボットと共生・共存するということは、新しい変化を受け入れ、将来に向けて生産性の高い新たな手法を取り入れることを意味します」と語っています。