DHL eCommerceが成長中著しい日本の越境eコマース市場をさらに加速させる

プレスリリース: 東京 04/10/2017

新しいアウトバウンド越境物流センターが、日本のオンラインストア業者による世界最大のt eコマース市場への直接販売を支援する

ニュースワイヤ/ -- ドイツポストDHLグループ(DPDHLグループ)の事業部であるDHL eCommerceは、年平均成長率16%のペースで増大し、2018年には11億ユーロ超に達すると予測される、日本で急成長中の越境eコマース市場をさらに活性化させます¹。DHL eCommerceは、日本のオンラインストア業者による世界の最も活発なeコマース市場の一部での直接販売を実現するため、成田の新しいアウトバウンド越境物流センターの稼働を正式に開始しました。

DHL eCommerceのマネージングディレクターである佐々木佳彦は次のように述べています。「日本では、アマゾンやeBayといったマーケットプレイスでの中小企業や販売業者が、欧州、アジア、米州の市場をターゲットとする主要な越境eコマースでのプレイヤーです。そうしたプレイヤーが自分の事業を成長させ、より幅広い顧客層に国際的に到達することを可能にするためには、経費を抑えたまま質の高いサービスを提供する、より多様な海外発送ソリューションが必要になります。買い物カゴから配達までのロジスティクスをシームレスなプロセスとするITの統合のような、特定のeコマース・サービスも必要とされています。」

越境eコマースの推計金額が408億ドル(385億ユーロ)の米国は、日本のeコマース製品のトップの輸出先です²。欧州も、日本のネット事業者に非常に大きな機会を提供しています。現在、域内には3億310万人のデジタルバイヤーが存在し、eコマース売上総額は3,703億ドル(3,494億ユーロ)に達しています³。

ネット事業者の日本から世界へのシームレスな配送を支援するため、DHLはDHLエクスプレスによるプレミアム・サービスからDHL eCommerceによる費用対効果の高いソリューションまで、時間と範囲の両方を指定するエンドツーエンドの追跡付きの海外発送の選択肢を提供します。さまざまな顧客の要求に対応するため、新物流センターと共に、DHL eCommerceは欧州、米国および英国向けの新たな海外発送のプロダクトを導入します。DHL eCommerceのポータルサイトによって、ネット事業者は、個別または一括の出荷のための注文の準備、追跡、そして報告書作成を単一のポータルから行うことで、DHLのネットワークにシームレスに統合することが可能になります。

また佐々木佳彦は次のように述べています。「eコマースのパワーは物的障壁を取り除く能力にあります。eコマース企業は、地理的境界に制限されず、世界の巨大な顧客ベースにサービスと製品を提供する柔軟性を備えています。DHLには日本市場に関する深い理解とグローバルネットワークおよび世界220以上の国・地域における専門知識があり、これらを組み合わせることで、当社は、世界市場での日本のオンラインストア業者の事業の成長を実現いたします。」

DHL eCommerceはドイツポストDHLグループ(DPDHL グループ)の事業部で、2014年に同グループが重点分野とするeコマース・ロジスティクス・ソリューションの一部として設立されました。同グループの日本における姉妹事業部門であるDHL Express、DHLサプライチェーンおよびDHLグローバルフォワーディングと共に、同グループはeコマースの小売事業者にエンドツーエンドのソリューションを提供しています。これには、DHL Expressが提供するプレミアム・サービスおよびDHL eCommerceが提供する手頃なソリューションによる越境配送、DHL eCommerceおよびDHLサプライチェーンによるフルフィルメント・ソリューション、そしてDHLグローバルフォワーディングによる航空、海上、陸上輸送、鉄道ソリューションが含まれます。

¹ 日本の経済産業省とDHL eCommerceの社内分析
² Key business drivers and opportunities in cross-border e Commerce, Payvision, 2016
³ 同上

Learn more: www.logistics.dhl