DHL、「イノベーション・チャレンジ2017」の公募を開始

プレスリリース: 東京 03/28/2017

  • 学生、ベンチャー企業、ビジョナリーおよび先見の明を持つ個人から、可動式ピースピッキングロボットと シェアリングエコノミー型物流のアイデアを募集します
  • 優勝者には総額2万ユーロの賞金を授与し、アイデアをDHLイノベーションセンターに展示するとともにDHLと共同で実証・概念実験を行っていただきます

DHLは本日、第2回目となるイノベーション・チャレンジを開始し、2つの物流課題に対するアイデアを世界中の学生、ベンチャー企業および個人発明家から公募いたします。一つ目の課題は、可動式ピースピッキングロボットの開発、2つ目はシェアリングエコノミー型のビジネスモデルやプラットフォーム、またはコンセプトを用いて物流課題を解決するアイデアです。9月までに当チャレンジのウェブサイト www.dhlinnovationchallenge.com 経由でアイデアの概要説明書と紹介動画を提出していただきます。

ご応募いただいた内容はすべてDHLのシニアエグゼクティブが精査し、事前選考を行います。そして機能性、デザイン性、課題解決の可能性、そして商用化の実現可能性の各項目において基準を満たした各枠3組、計6組が最終候補に選ばれます。最終候補の6組には、11月16日にドイツで開催されるDHLイノベーションデーにおいて、180名の物流専門家に対して発表を行っていただきます。

当日その場で投票が行われ、各枠最多得票の1組、計2組が優勝者となります。優勝した2組には賞金が授与され、ドイツおよびシンガポールに在るDHLイノベーションセンターに応募したアイデアが展示されるとともに、DHLと共同で実証・概念実験を行う機会が与えられます。

「ロボティクス(Robotics Challenge)」枠:可動式ピースピッキングロボットの開発
本年のロボティクス枠では、ベンチャー企業や新進のエンジニアを対象に、従来型の倉庫のラック間を走行し、自律的に商品をピッキングしてカートに入れることのできる可動式ピースピッキングロボットのプロトタイプを募集します。追加要件として、人間の歩行独度で走行し、カートが満杯になったら自律的に梱包エリアへ運ぶ能力が求められます。実際にDHLイノベーションデーの会場で試運転を行っていただきます。

DHLカスタマーソリューションズ&イノベーションの戦略マーケティング&イノベーション担当シニアバイスプレジデントであるマティアス ホイトガーは、「DHLは、5年以内にロボティクスの導入が物流業界の標準になると予測しています。ロボティクスを応用することにより、オーダーピッキング業務が容易になり、倉庫スタッフは重い荷物を運んだり、自ら台車を押しながらラック間を歩き回るといった負担から解放されます。DHLでは、日常業務において従業員をサポートし、身体的負担を軽減するアイデアを奨励しています」と述べています。

「シェアリングエコノミー(Sharing Economy Challenge)」枠:
物流資産の在り方を見直し、未来の物流ソリューションを生み出す

本年のイノベーション・チャレンジの2つ目の柱となるのは、シェアリングエコノミー型物流という社会トレンドに着目したテーマです。当該枠では、シェアリングエコノミー型のビジネスモデルを活用し、従来の物流資産の在り方を覆すような独創的なアイデアや実用的なソリューションを募集します。これまでにない物流ビジネスモデルにより企業や社会などすべての利害関係者に価値をもたらすような革新的な構想をお待ちしています。

DHLカスタマーソリューションズ&イノベーションのイノベーション&トレンドリサーチ担当バイスプレジデントであるマーカス キューケルハウスは、「シェアリングエコノミー型のビジネスモデルは、ホスピタリティやモビリティといったサービス分野でよく知られていますが、デジタル技術により取引コストの低減および透明性の向上が進む中、当該モデルの応用範囲には事実上制限はないと言ってよいでしょう。DHLは、物流資産を持続可能かつ公平、加えて採算の取れる消費者・企業向けサービスへと変えていくためにリソースを最大限に活用し、共有価値の創造を目指します」と語っています。

今年で8回目を迎えるDHLイノベーションデーは、ソートリーダーシップの先見性を育み、発明家の方々とともに物流の未来を形作ることを目指し、11月16日に開催される予定です。