DHL、輸送中の衝撃・振動吸収性に優れた包装資材 「球状サスペンション機能付き免振コンテナ」を開発・適用開始

プレスリリース: 東京  02/21/2017

  • DHL サプライチェーンがビアメカニクス株式会社のレーザー発振器における海外向け修理サービスの配送 業務に新包装資材「球状サスペンション機能付き免振コンテナ」を適用開始
  • 従来品と比較して製品に加わる衝撃加速度を最大40%低減、および繰り返し使用可能な耐久性を実現
  • 従来のワンタイム包装資材からの切り替えによりCO2排出量を約75%削減

ロジスティクス業界のグローバルリーダーであるDHLサプライチェーン株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長:ギャビン マードック)は、精密機器等の輸送品質向上を目指して、衝撃・振動吸収性に優れた包装資材 「球状サスペンション機能付き免振コンテナ」を開発し、本コンテナをビアメカニクス株式会社(本社:神奈川県海老名市 代表取締役社長:松岡 昇、以下ビアメカニクス)の電子部品加工装置における修理サービスパーツ輸送用に適用開始したことを発表しました。

「球状サスペンション機能付き免振コンテナ」は、輸送時の衝撃や振動を最小限に抑えながら、Reduce(減量化)、Reuse(再使用化)、Recycle(リサイクル化)の3Rと呼ばれる環境負荷低減を推進するために、耐久性や作業効率、汎用性、そして積載効率に配慮し、DHLサプライチェーンが開発した包装資材です。

落下・衝撃周波数5Hz以上*¹ から減衰でき、従来品と比較して製品に加わる衝撃加速度(G値)を最大40%低減することが可能です。また、繰り返し使用可能な高耐久性(100万回以上のストローク試験を実施済み)および高耐候性(温湿度による変化なし)を有し、製品特性に応じて固有振動数を容易に調整できることが特徴です。本コンテナを繰り返し使用することにより、包装資材コストおよびショックウォッチ(衝撃加速度測定用ラベル)購入コストの削減のみならず、CO2排出量を約75%削減することができ、お客様のCSR(企業の社会的責任)活動の促進につながります。

従来のサスペンションは、コイルばねが軸方向にのみ変形するため、荷重の分散が起き難く、緩衝が不十分になりやすいという欠点がありました。また、ゴム等のエラストマの塊や袋状に形成されたサスペンションも温度や気圧の変化が激しい環境下で体積変化を起こし破壊する恐れがありました。

このたび開発した「球状サスペンション機能付き免振コンテナ」の主要技術である球状サスペンションは、株式会社松田技術研究所(本社:東京都板橋区 代表取締役:松田真次)が開発・特許取得したものです。サスペンションを複数の長尺状弾性片同士を円弧状に撓んだ状態となるように両極部で相互に締め付け固定することで、球状に形成されているばね部が荷重を受けて全方向に変位し、温湿度や気圧変化のある環境下でも安定的に使用でき、衝撃・振動を効率よく緩衝することが可能です。

DHLサプライチェーンの代表取締役社長であるギャビン マードックは、「球状サスペンション機能付き免振コンテナが遂に実用化に至り、DHLが提供するパッケージソリューションを拡充できたこと、加えてお取引が3年目を迎えるビアメカニクスとともに本コンテナを導入開始できることを大変喜ばしく思います。DHLサプライチェーンは、今後も倉庫管理や輸配送などの物流業務のさらなるサービスの向上に努めていくとともに、輸送品質や環境配慮をはじめとした付加価値を加えた包括的なサプライチェーンサービスの充実を図り、お客様の持続可能な事業拡大を支援していきます」と語っています。

*¹ 航空機や鉄道、トラックによる輸送時の衝撃周波数は5~20Hz帯が多い。一般に広く用いられているポリウレタンやポリエチレン等の発泡緩衝材は、20~30Hzの周波数帯から減衰する。