DHL Global Forwardingがロジスティクスの接続を強化し、日本でのサービスを拡大するためにチャールス カウフマンを任命

プレスリリース: 東京 01/17/2017

カウフマンは、北アジア地区 CEOおよびバリューアディドサービシーズ アジア太平洋地区統括本部長に加え、日本の代表取締役社長に就任

欧州およびアジアの航空、海上、陸上貨物輸送サービスの大手プロバイダーであるDHL Global Forwardingは、日本の代表取締役社長に、韓国、モンゴル、北朝鮮を対象とする北アジア地区CEOおよびバリューアディドサービシーズアジア太平洋地区統括本部長であるチャールスカウフマンを任命、カウフマンは現職に加え日本の代表取締役社長に就任しました。

カウフマンは、アジア太平洋地区全体の生産性改善とサービスの革新において素晴らしい業績を収めており、40年以上にわたるロジスティクスでの経験が本職務に生かされることとなります。北アジア地区CEOおよびバリューアディドサービシーズアジア太平洋地区統括本部長就任以前には、カウフマンは、日本および韓国のシニアマネジメント務め、日本に15年間滞在しました。カウフマンは、様々な貨物輸送モードに関する豊富な知識と経験を生かし、中国の「一帯一路」イニシアチブに沿って、DHLがアジア・欧州間でマルチモーダル・サービスを開発する上で重要な役割を果たしました。

「カウフマンは、フォワーディング、そして貿易を円滑に進めるために必要なあらゆる分野での経験、とりわけ顧客基盤の拡大と付加価値サービスの効率向上において豊富な経験を有する、数少ないロジスティクスリーダーです。」と、DHL Global Forwardingアジア太平洋地区CEOのケルビン レオンは述べました。「カウフマンの就任により、北アジア地区はよりいっそうの統合が図られることでしょう。そして『一帯一路』のようなイニシアチブにより新しい機会が開かれ、お客様にさまざまな戦略的利点を提供できることでしょう。カウフマンはキャリアの大半を日本で築いており、今後日本で当社のビジネスに持続可能な成長をもたらすことと確信しています。」

「中国および欧州連合¹ の第二位の貿易相手国として、日本は、『一帯一路』のようなイニシアチブが生み出すより取引高の大きい、よりスピーディな貿易から多くの恩恵を受ける立場にあります。」とDHL Global Forwarding日本の代表取締役社長、北アジア地区CEO、およびバリューアディドサービシーズアジア太平洋地区統括本部長のチャールスカウフマンは述べました。「日本の輸出² の着実な回復に支えられ、通関と輸送の手続きをさらに合理化することにより、当社は、日本のお客様により一層の海外でのビジネス機会を提供したいと考えています。」

2012年に通関、倉庫管理サービス、ロジスティクスセキュリティを含むポートフォリオであるバリューアディドサービシーズの責任者となって以来、カウフマンは、アジア太平洋地区で様々な輸送モードで異なる業種のお客様にカスタマイズされたソリューションを提供するべく努力を重ねており、日本でも同様にカスタマイズされたソリューションに重点的に取り組んできました。

「この度担当する職務が拡大することとなりましたが、他の地区で経験したイノベーションや知識を活用し、今後もお客様のビジネスの成長の軌道を支えていきたいと思います。」とカウフマンは述べています。

¹ ec.europa.eu ; thediplomat.com
² www.tradingeconomics.com