エネルギーおよび石油・化学業界に関する専門知識

サプライチェーンの活性化

周期的変動や政治の影響を受けやすく、高い安全性が要求されるエネルギーおよび石油・化学業界においても、DHLは専門知識を活かし、最適化したサプライチェーンを提供し、お客様のビジネスの原動力となります。

  • 昨今の原油の価格変動は、この業界の周期的な性質によるものです。景気が停滞すると、エネルギー関連企業の倒産が増え、米石油掘削装置(リグ)の稼働数や投資水準が落ち込みます。このような状況下では、コスト管理および削減に焦点が当てられます。DHLの画期的な転換手法は、統合型サプライチェーン・ソリューションにより「リアクティブ(事態対応型)」から「プロ・アクティブ(先読み型)」へと焦点を移し、そのニーズにお応えします。グリーンフィールド開発のコンサルティング、KPI管理、サプライチェーンの可視化をはじめとする多彩なサービスで、この業界において確かな力を発揮します。

  • 今日の市場は、ロシア、イラン、ベネズエラといった資源収益に依存する国の国営企業が市場の大半を占めるなど、地政学的な力に操作されているのが現状です。このような環境下では、コスト管理とオペレーションにおける改善活動が収益維持において必要不可欠と言えます。継続的改善を進める企業文化、および無駄のない管理体制により、オペレーショナル・エクセレンスを重視するDHLが、こうしたニーズにお応えします。コスト効率の高いメンテナンスの実現に向け、サプライチェーンの可視性と信頼性を向上させ、作業指示書のキット化と店舗への資源配送を通して「タイム・オン・ツール(Time on Tool)」の改善を行います。

  • エネルギー業界では、オペレーションにおける安全性への要求が高まっており、HSSE(健康・安全・危機管理・環境保全)と法令遵守のポリシーがサプライチェーン・サービスプロバイダーの必須条件となっています。実際、多くの企業がこれらの条件を全行程に組み込もうとしています。安全重視の文化および支援プログラム実施などの実績があるDHLは、この点において一歩先んじていると言えます。グローバル化が進む市場では、DHLが提供するプロセス効率化と効果的なサプライヤー・サービスが強みになります。

石油・ガス - 上流プロセスと下流プロセス

グローバル・ネットワークと、エンド・ツー・エンドのサプライチェーンを強みに持つDHLは、プロジェクトの期間や複雑性、距離の遠近を問わず、石油・ガス企業向けのエンド・ツー・エンド・サプライチェーンを提供し、お客様を支援します。

  • 探索から抽出、加工、流通までのリードタイムが長期に及ぶと、さまざまな問題が発生します。DHLは、開発の全工程に対応可能なサプライチェーン・ソリューションを提供し、お客様を支援します。グリーンフィールド開発やブラウンフィールド開発のコンサルティング、プロジェクトや経営改革の支援、メンテナンス資材の管理等のサービスを提供します。

  • 石油の採掘に、企業はより遠くの土地、より深い海へと探査範囲を広げています。DHLは、200以上の国・地域で事業を展開し、世界のあらゆる地域でサービスを提供しています。遠隔地における人材採用・維持プログラムと、継続的改善への取り組みに向けた確かな実績を誇り、サービスには絶対の自信があります。

  • 石油価格には周期性があることから、原料価格が低下し、世界中でPVCおよびPEの製造が加速すると、エネルギー業界とポリマー業界で市場が重複することになります。同時に、工場を拡張し、製造力強化を図り始めます。DHLは、主要地域における梱包・包装サービスを強化し、特殊なニーズに応える付加価値サービスをご提供します。バージを使った重輸送で輸送コストを抑える等の支援も行っています。

採鉱

商品価格の不規則な変動、遠隔地での業務運営、利益率の圧縮といった背景に対し、DHLは確かな専門知識と革新的なソリューションを組み合わせ、サプライチェーン全体で最大限の効率化を図ります。

  • 周期的な価格変動を受け、債務およびコスト削減を推進する革新的ソリューションの追求等、キャッシュフローを重視する傾向が高まっています。これに対してDHLは、在庫担保融資や統合型サプライチェーンの構築・管理、技術的アプローチやグリーン戦略等におけるさまざまな技術革新および効率化をご提案します。

  • さらなる遠隔地での事業運営が増える中で、採掘企業は距離的な課題に加えて労働力の調達という大きな問題に直面しています。グローバル展開し、現地を熟知するDHLに距離は問題ではありません。DHLの人材採用・研修プログラムは遠隔地においても優れた実績を上げており、非常に経験豊富な従業員がお客様を支援します。

  • 採掘企業にとってオペレーショナル・エクセレンスは、コスト管理と生産効率への取り組みを強化する最優先事項です。DHLでは、継続的改善、リーン・マネジメント、オペレーショナル・エクセレンスを最も重要な企業文化と位置付けています。メンテナンス作業のコスト効率を例にとっても、サプライチェーンの可視化と信頼性の強化、作業指示書のキット化、店舗への資材配送を通して「Time on Tool」の改善を行っています。

電力・公益事業

市場の複雑性に加え、複雑な規制が設けられている電力・公益事業においても、DHLはさまざまなサプライチェーン・サービスを通して変化に適応し、生産性を高め、コスト削減を図ることで、インフラの改善と持続可能性の向上を実現します。

  • インフラの陳腐化や機能不全といった問題にたびたび悩まされている電力・公共企業は、新規施設の建設と既存設備の保守の両面で、物流・輸送に対する強力なサポートを求めています。DHLであれば、この両面においてサプライチェーン効率を高め、固定資産の資本的支出を減らし、財政難を緩和します。エネルギー・公益事業における生産工程の安定維持に向け、DHLがメンテナンス、修理、オペレーション(MRO)サービスのソリューションをご提供します。計画的かつ最適な形で、技術者が必要な時に部品や工具をお届けします。

  • エネルギー需要が高まり続ける中、よりクリーンかつ持続可能な方法による発電を求める声も高まっています。これを受け、政府は再生可能エネルギーを含む代替エネルギー源を模索しています。このように急速に変化し続ける予測不可能な市場においても、DHLは素早く順応し、最大限のコスト効率を維持できるよう、俊敏なサプライチェーンの設計・管理およびサポート・サービスをご提供します。そのサービスは、太陽光、風力、水力発電所などの代替発電施設の建設に向けた、大規模プロジェクトのロジスティクス・輸配送にも対応しています。

石油・化学

DHLによる石油・化学産業へのサービス提供の柱となるのが、効率的かつ合理的な統合型サプライチェーンの設計、コンプライアンスの遵守、そして品質保証等の付加価値サービスです。

  • 危険物の保管・輸送事業者に課される環境規制は厳しさを増し、その要件も膨大かつ複雑になっています。事業者は国際法および各国固有の法規制に準拠するだけでなく、取り扱い対象となる高額製品に求められる品質要件を満たす必要があります。DHLは、積極的な安全確保と継続的改善が企業文化に根付いており、HSSE(衛生、安全、保全、環境)および品質管理を徹底しています。これにより、お客様は業界基準を遵守したソリューションと各種付加価値サービスを通して、欠陥や汚染のない化学製品を受け取ることができます。

  • 石油・化学産業において頻発する企業の買収合併は、事業の妨げとなる場合もありますが、適切な対応を行うことで、企業としての強みと効率性の改善につなげることもできます。生産と配送の合理化において対処すべき主な意思決定事項としては、合併後のネットワークの新たな方向付け、統合可能な要素の特定、複数のサプライチェーンへの対応などが挙げられます。DHLは、ネットワークを分析し、最終製品・商品の梱包・包装、保管、出荷から流通までを統合した最適なサプライチェーンを設計することで、これらすべての課題にお応えします。サプライチェーンの統合により柔軟性が高まり、サービス水準の向上、コスト削減、市場投入までのリードタイムの短縮が実現できます。

エネルギーおよび石油・化学に関するインサイト

将来を見据えた理想的なリーダーシップと、革新的な考えで最新の動向をお伝えします。

    • リセット
    • リスト・ビュー
    • グリッド・ビュー

    最新情報

    DHLのソリューションに関するさらなる情報をお探しの場合、または月1回発行のニュースレター「サプライチェーンに関するインサイト」の購読をご希望の場合には、以下をご確認ください。