コンシューマー(一般消費財)業界に関する専門知識

お客様のニーズを満たす

現代の消費者は、多種多様な商品を適切なタイミングかつ適正価格で店舗やオンラインストアにていつでも入手できるものと考えています。DHLでは、グローバル・サプライチェーンの効率性、俊敏性および持続可能性を最大化するサービスを介して、これを可能にします。

  • コンシューマー(一般消費財)企業は、常にサプライチェーンにおいてコスト削減を追求しています。基本目標は、①より多くの作業を効率的に短時間かつ低コストでこなす、②資本コストを低減する、そして③ネットワークの柔軟性向上を図り、変化する市場ニーズを満たす、の3つです。DHLは、アウトプットを高める自動化ソリューションと、人件費を低減するための労働管理システム(LMS)を用いて、企業の目標達成を支援します。さらに、ネットワーク設計においては、コントラクト・ロジスティクス業界のマーケットリーダーとしてノウハウと経験があります。

  • 持続可能性の向上を求める政府と消費者からの圧力により、環境にやさしく、開封し易いパッケージで梱包し、可能な限り環境に配慮した手段で輸配送される「グリーン商品」の需要が高まっています。そのため、一般消費財の製造業者には、自社のサプライチェーンの環境コストと財務コストの両面に目を向けることが求められます。DHLは、排出ガスを総合的にモニタリング・追跡・削減するためのシステムと手法をご提供しています。DHLの環境ソリューション、ならびにマルチユーザー型の倉庫保管や共同配送を利用することで、運用コストだけでなく、CO2排出量および廃棄物の削減を後押しします。

  • 燃料費や原材料費の高騰により、製造および輸配送コストが高騰し、一般消費財の販売価格も上昇しています。DHLは、サプライチェーンの効率性向上を図り、この価格高騰に対応しています。主な手法のひとつとして、お客様間の横のつながりを調整し、輸配送を効率化する、というものがあります。複数企業の物流を調整し、保管倉庫と車両を共有することで、コストおよびCO2排出量の削減を実現し、資産の有効活用を推進しています。

耐久消費財

DHL Supply Chainは、企業がさらにグローバル展開を進め、コスト効率を最大限に高められるよう、あらゆる種類の耐久消費財に対応するソリューションをご用意しています。

  • オンライン販売の増加により販売チャネルが拡大したことで、サービス提供コストに影響が生じ、業務をカスタマイズする必要性が高まっています。DHLは、業務遂行力とコスト構造の柔軟性を高めることで、こうした課題に対処しています。例えば、DHLの輸配送サービスでは、専用施設またはマルチユーザー共有施設に加え、さまざまな長距離輸送オプションを提供しています。また、設計から配送のあらゆる過程に対応する総合的な梱包・包装サービスにより、コスト効率を改善します。また、こうしたサービスを流通センター内に配置して、共同でご利用いただくことも可能です。こうしたサービスを活用することで、商品の受け取りから店舗の棚に陳列するまで、リードタイムの大幅な削減が可能となります。 

  • 事業規模を拡大し、効率性の向上を図ると同時に、新興市場において新たな消費者需要に応えるために、フルフィルメント・モデルがさらに世界標準になりつつあります。グローバル・ネットワークを持つDHLは、コントラクト・ロジスティクス業界のマーケットリーダーとして、サプライチェーン全体の変化に適切に対処することができます。さらに、サプライチェーンの各過程において、オペレーショナル・エクセレンスと標準化を実現し、徹底した品質管理を行っています。ニアショアリングまたはオフショアリングにかかわらず、DHLの幅広い工場構内サービスを介して、安全かつ効果的、また生産的なオペレーション運営を支援します。また、ニアショアリングとオフショアリングの理想的なバランスを判断する「ライトショアリング」の知識を生かし、一般消費財業界のサプライヤーが最も収益性の高い方法でグローバル展開できるよう支援します。

著しい変化をもたらすコンシューマー(一般消費財)業界

消費者からの高まる要求と複雑化する流通チャネルによって増大するコストに対し、DHLは業務効率を改善を行っています。

  • 現代のマルチチャネル流通戦略は、迅速な受注確認とフルフィルメントという消費者ニーズを満たすものです。この利点を最大限に活かすために、一般消費財メーカーはDHLをパートナーとして選び、エンド・ツー・エンドの管理を可能にする統合型サプライチェーン管理サービスを採用しています。優れた可視性と管理機能により、営業計画と業務プロセス間の溝を埋め、需要予測の改善と在庫の合理化を実現します。DHLの幅広いサポート・サービスには、専用倉庫またはマルチユーザー共有倉庫の利用による「キャンパス・ソリューション」や、小売メーカーおよび消費者に付加価値を与える一次 / 二次梱包が含まれます。

  • 現代の消費者は、必要な時に店舗またはオンラインストアから欲しいものを手頃な価格で入手することができます。DHLでは、一般消費財メーカーがこうしたニーズに応えられるよう、迅速性と効率性を追求する幅広いソリューションをご用意しています。その要となるクロスドッキングは、商品を直接、入庫車両から出庫車両へ移し替えるというもので、倉庫保管在庫およびその関連コストを最小限に抑えることができます。これにより、倉庫の不動産コストを削減でき、納品までのリードタイムを短縮することができます。クロスドッキング業務をDHLに委託することで、DHLの先進的な物流施設および輸配送システムを活用し、さらなる効率性向上を実現することができます。

生鮮品

DHLの優れた効率性が、商品の保護、運用コストの削減、および環境規制への準拠を可能にします。

  • 生鮮品の効率的な輸配送および温度管理に対するニーズが高まっています。中でも、商品を迅速かつ良い状態で納品することにより、その保存可能期間を延長できるという点に注目が集まっています。DHLは、スマート・ロジスティクス・ソリューションや最新の冷蔵保管および輸配送技術を活用し、こうしたニーズにお応えします。DHLは、冷凍、冷蔵および常温の商品に対応する設備を完備しています。

  • 各企業は、環境保護に対する消費者からの要望に加えて、法令で定められた持続可能性の基準を満たすことが求められています。DHLが提供するEnvirosolutionsが、こうした要件に対応します。DHLが、エンド・ツー・エンドの廃棄物リサイクル・ソリューションを設計・管理し、既存作業フローに組み込み、コスト削減および環境への影響を抑えます。特に、サプライヤーとデータを管理することで、費用対効果が高く、環境にやさしい方法で、国際および地域別の法規制に確実に準拠することができます。

  • 食品腐敗や異物混入防止に加えて、GMO(遺伝子組換え生物)の含有を含む、栄養成分表示が求められています。特に、食品の輸出入においては、非常に重要です。GMOとみなす基準、表示義務のある情報(原材料やカロリー等)、表示言語に関しては、各国独自の法規制が設けられています。DHLでは、高いレベルのセキュリティを確保すると同時に、各輸出市場のニーズを満たす、カスタム梱包とラベリング・サービスを提供しています。

コンシューマー・インサイト

将来を見据えた理想的なリーダーシップと、革新的な考えで最新の動向をお伝えします。

    • リセット
    • リスト・ビュー
    • グリッド・ビュー

    最新情報

    DHLのソリューションに関するさらなる情報をお探しの場合、または月1回発行のニュースレター「サプライチェーンに関するインサイト」の購読をご希望の場合には、以下をご確認ください。