自動車業界に関するDHLの専門知識

お客様のビジネスを推進

DHLでは豊富な経験・ノウハウと最先端技術を駆使し、自動車産業のあらゆる原材料・部品や製品を、お客様のご要望に合わせて、コスト効率の高い方法で迅速にお届けします。

  • 新興市場では自動車の所有者数が増加し、中流階級層の拡大と相まって、世界の自動車業界図は常に変化しています。この需要変動に応え、企業は消費地近辺へ製造拠点を移していますが、その結果、長距離輸配送が必要となるケースが増えています。DHLは、組立工場を新設するための物流支援だけでなく、通関業務に関する知識、物資管理と可視化、さまざまなアフターセールス・ネットワークにより、あらゆる場所で多種多様な物流サービスに対応します

  • スマート・テクノロジーを搭載した自動車の開発が進む中、消費者は「インテリジェンス」やインフォテイメント機能等の付加価値を判断基準に、購入の意思決定を下す傾向が強くなっています。アクティブ・パーキング機能や、事故や運転者のミスを最小限に抑える機能等、モバイルデバイスの延長とされる最新機能が続々と車両搭載されてきています。テクノロジー業界を中心とする市場横断的な専門知識、サプライヤーとの良好な関係、高額かつライフサイクルが短い部品の取り扱い経験、世界中の部品メーカーとの強固なネットワークを持つDHLは、この分野において最適なパートナーと言えるでしょう。

  • 今日の消費者は、より幅広いモデルラインアップおよびその機能性、カスタマイズ性を期待し、購入、ファイナンス、保険、アフターセールスまでのシームレスなサービスを求めています。ひとつのアセンブリラインで複数モデルの生産対応を可能にする、DHLのシーケンシング/ジャストインタイムサービスならば、資材を必要なときにラインサイドへ直接供給することができます。また、効率的なアフターマーケット・ソリューションを用いて、お客様の満足度を維持しつつ、販売店の在庫ニーズを減らすとともに、部品のオンデマンド供給を可能にし、修理対応の機会を拡大します。

乗用車

DHLが自動車業界向けに提供する広範なサプライチェーン・サービスは、組立工場の新設、生産効率向上、およびカスタマー・サービスなどのニーズに対応します。

  • 急成長を続ける新興市場では、製造拠点を最終消費地近辺へ移そうとする傾向が進み、サプライチェーンの長距離化をもたらしています。また、OEMメガプラットフォームの台頭により、さらなる効率性向上を求める声が高まっています。この圧力を緩和するために、DHLは製造工場の場所を問わず、必要な部品を必要なタイミングでお届けします。DHLのオペレーションと輸配送サービスは、出発地から目的地までシームレスなサプライチェーンを実現し、組立ラインに部品を適宜供給することで生産性および効率性の向上に取り組んでいます。

  • 今日の消費者は、購入から支払、保険、アフターセールスまでをシームレスに提供してくれるサービスに加え、個別の要望に合わせてカスタマイズ可能な車を求めています。このニーズに対して、DHLは効率的なジャストイン・タイムやジャストイン・シーケンスの配送ソリューションを通して、今日の自動車の膨大な種類の部品に対応しています。同時に、効率的なオペレーションにより、保守部品を迅速かつ確実に販売店へお届けします。

  • スマート・テクノロジーの車両搭載:自動運転、自動診断機能を備えた「コネクテッド・カー」への需要から、テクノロジー関連の自動車部品数が急増しています。テクノロジー業界において市場横断的な専門知識と経験を持つDHLは、高額な部品の取り扱いや短期化する製品ライフサイクルへの対応のほか、サプライヤーからの部品調達の流れを熟知しています。

商用車

DHLは、燃料消費や炭素排出量、そしてコストの削減を可能にする新型車両を開発するために、商用車のOEMとの連携の重要性を理解しています。

  • ドライバーは、テレマティクス技術を駆使して、より高い安全性と環境保護の実現を求める傾向にあり、さらなる透明性の確保を図る必要があります。一方で、排気ガス関連などの問題から、電気やハイブリッドをはじめとする、「クリーン」な自動車の動力源への需要が高まっています。「コネクテッド・カー」が発信する車両状態や稼働状況に関するデータを利用することで、詳細なモニタリングと適切なメンテナンス計画が可能となり、履歴データをもとに部品の在庫管理を効率化できます。

  • 消費者は、優れた燃費性能、安価な新車価格、高額での転売といったニーズに加え、付加価値サービスのある製品を求めています。DHLは、コスト削減を目指し、不要な部品交換をなくし、効率的なメンテナンスおよび修理作業の実施を実現できるサプライチェーンをご提案します。

  • 新興市場の成長に伴い、製造業者は消費地近辺へ製造拠点を移し、拡大しようとしています。なかには、競争の激しい新興市場へ進出するために、「低コスト」プラットフォームの開発を目指すケースもあります。DHLは、組立工場の新設を支援する一方で、国境を越えた役務の管理や通関業務に関する知識、資材管理とその可視化を可能にする設備をもって、遠距離であっても確実に輸配送します。こうしたサービスは、DHLのグローバル・アフターマーケット・ネットワークに支えられ、さまざまな戦略に対応します。

部品メーカー

DHLは、調達物流(I2M)から付加価値サービスまで、部品メーカーが組立ラインへ各種部品を供給し続けられるよう、あらゆる物流支援サービスを提供します。

  • 部品メーカーは市場ニーズに応えるべく、製品開発期間を3.2年から2.7年へ短縮しています。さらに、バリューチェーンが流動性のあるエコシステムへと変容し、企業の役割も変化する中、新規参入企業の台頭に伴い、高付加価値を提供し続けられない企業は撤退を迫られています。こうした市場の変化に迅速に対応する俊敏性と、業界のダイナミクスに対する知識と経験を有するDHLが、絶え間ないイノベーションとサプライチェーンの継続性を実現します。

  • メーカーは、さらなるコストの透明性を求めています。DHLは、物流コストを部品コストから切り離し、このニーズにお応えします。DHLの経験およびノウハウを活かし、透明性を確保し、コスト管理における可視化を実現します。

  • 新興市場の需要に合わせて製造拠点を移し、同一サプライヤーとグローバル提携することで、メーカーは世界中の業務効率化を実現することができます。DHLは、世界中どこでもサービスをご提供します。DHLには、専門知識やサービスを成熟市場から新興市場に移行した実績があります。また、在庫担保融資オプションをご利用いただくことで迅速な資金調達を実現し、運転資本と現金をさらなる事業成長に有効活用することができます。

  • 自動車の製造工場が国内または新興市場のどちらにあっても、メーカーはジャストイン・タイム、ジャストイン・シーケンスで納品が可能なサプライヤーを求めています。DHLは、確かな専門知識とノウハウ、成熟市場および新興市場の両市場における豊富な実績を有し、シーケンス配送機能により、同一組立ラインにおける複数モデル・種類の製造を支援します。

タイヤ

どの車種のタイヤであっても、DHLの倉庫保管・輸配送ソリューションが、 迅速かつ効率的で費用対効果に優れた配送を保証します。

  • タイヤの製造・供給の利益率は、オペレーションのコスト効率により左右されます。これに加え、技術革新と工場自動化の拡大が、近い将来、全世界のタイヤ業界に影響を与えるとみられています。DHLでは常に継続的改善を目指し、信頼性の高い一貫したサポートを提供します。そのコラボレーション・プラットフォームは、特に効率性の改善に広く活用されています。

  • タイヤの場合、価格と現地での入手し易さが顧客満足度と収益性の鍵です。中国、インド、タイ、ベトナムなどの新興市場での需要拡大に伴い、これらの要因はさらに重要性を高めています。新興国経済がタイヤ業界の追い風となることが期待される中、DHLはタイヤメーカーがそのチャンスを最大限に生かせるよう支援します。DHLは、効率的な倉庫保管・輸配送ネットワークを活かし、お客様が注文された商品を即日または翌日にお手元に届けることで、世界中の企業を支援します。

  • タイヤの装着はサービスセンターや販売店での作業を必要としますが、Eコマース技術を活用することで、受注から倉庫保管・配送のプロセスを迅速化することができます。DHLの統合ITソリューションは、受注と需要を可視化し、迅速かつ安定した配送サービスをご提供します。

自動車業界に関するインサイト

将来を見据えた理想的なリーダーシップと、革新的な考えで最新の動向をお伝えします。

    • リセット
    • リスト・ビュー
    • グリッド・ビュー

    最新情報

    DHLのソリューションに関するさらなる情報をお探しの場合、または月1回発行のニュースレター「サプライチェーンに関するインサイト」の購読をご希望の場合には、以下をご確認ください。