DHLのリーダーシップチーム

チームのご紹介

DHL Supply Chainを率いる執行役員をご紹介します。

DHL Supply Chain、CEO、ジョン・ギルバート

2014年にドイツポストDHLグループのサプライチェーン部門における取締役会メンバーに就任したギルバートは、過去20年間、ドイツポストDHLグループおよびエクセル(Exel)にてさまざまな業務に携わってきました。ソリューションデザイン担当VP、コンシューマー(一般消費財)および小売担当VP、北中南米地域のコンシューマー(一般消費財)およびライフサイエンス担当プレジデント等の役職を務めてきました。また、北中南米地域におけるサプライチェーン部門CEOのほか、直近では、ウィリアムズ・リー(Williams Lea)の会長兼CEOを務めています。MBAに加えて、運営管理の理学士号も取得しています。

DHL Supply Chain、CFO、ディートリヒ・フランツ

フランツは、会計・財務管理、投資、コンプライアンス / リスク管理等、サプライチェーン部門におけるあらゆる財務業務を担っています。1998年入社以来、財務管理担当EVP、DHLグローバル フォワーディングの中南米担当CFO、IndExプログラム担当SVP等を歴任しました。経済学の修士号と同等の資格を有しています。チームを成功に導くには、自らが望むように相手を扱わなければならないとの信念を掲げています。

DHL Supply Chain、グローバルCIO、マルクス・フォス

フォスは、IT部門の責任者として、60の国・地域におけるIT業務全般と2,000名以上から成るITチームを統括しています。2003年入社以来、DHL Supply ChainにおいてグローバルIT戦略&ソリューション担当SVPや、欧州・中東およびアフリカ地域担当CIO、グローバル・ビジネス・サービスにおける役職等、要職を歴任しています。物理化学の博士号を取得し、アクセンチュアで5年間コンサルタントとして従事していました。現在は、お客様のための革新的なITソリューションの開発・設計に情熱を注いでいます。

DHL Supply Chain、人事部、エクゼクティブVP、ロブ・ローゼンバーグ

ローゼンバーグは、150億ユーロの売上高を誇るドイツポストDHLグループのサプライチェーン部門において、60の国・地域に広がる190,000名の従業員を統括し、総合的な人事戦略の策定および実施を担っています。また、部門別戦略オフィスの責任を担う他、ドイツポストDHLグループのグローバル人事の取締役兼部門取締役も務めています。2001年現職就任以前の15年間は大手食品メーカーであるフリトレー(Frito-Lay)にて人事担当VPとして従事していました。

DHL Supply Chain、CDO、ホセ・ナヴァ

ナヴァはDHL Supply Chainのグローバルな成長を推進する責任を担っています。2001年にメキシコのジェネラル・ディレクターとしてDHLに入社し、後に同国のサプライチェーン・オペレーション担当VPを務めました。DHL入社以前は、GE(General Electric)やマーベ(Mabe)でキャリアを積み、調達、合併&買収、カントリー・マネジメント等の業務に従事してきました。MBA、インダストリアル・エンジニアリングおよびシステム・エンジニアリングの学士号、および経営管理の学位を取得しています。

DHL Supply Chain、中南米地域担当CEO、ハビエル・ビルバオ

ビルバオは、ブラジルに在る59ヶ所の流通センターで勤務する8,000名の従業員から成るチームを取りまとめています。以前は、スペインとポルトガルのジェネラル・ディレクターとして、欧州の小売業およびファッション業界における主要取引先とのビジネス開拓に携わっていました。2000年の入社当初は監査部門の業務に従事し、その後は財務管理および運営におけるさまざまな役割を果たしてきました。エグゼクティブMBAと経営管理の学位を所有しています。 

DHL Supply Chain、欧州・中東地域・アフリカ担当CEO、オスカー・デ・ボック

デ・ボックは、ロジスティクス分野において過去25年間で得た経験・知識を活かし、24か国に広がる従業員を統括・管理しています。2016年6月現職就任以前は、アジア太平洋、南アジア、東南アジア等の地域において同様の役職を歴任してきました。その中で、北欧諸国およびバルト諸国担当MDや、輸送およびロジスティクス業界最大の企業統合となったエクセル(Exel)の買収案件等に携わりました。法学修士号を取得しています。

DHL Supply Chain、英国およびアイルランド担当CEO、ポール・ダイアー(DHL Supply Chainのグローバル取締役会メンバー)

ダイアーは、DHLの欧州LLPサービスおよび英国・アイルランド自動車事業を担当するグローバル自動車担当プレジデント兼常務取締役など、DHLでさまざまな役職を努めてきました。ダイアーは、26年以上にわたる物流およびサプライチェーンの経験を持っています。オーシャングループ(Ocean Group)とエクセル(Exel)で勤務した後、DHLに入社しました。多くの人に対して雇用機会を拡大することに情熱を傾けており、特に除隊者への新たな職の提供に力を入れています。

DHL Supply Chain、アジア太平洋地域CEO、テリー・ライアン

ライアンは収益性の高い事業の成長促進、アジア太平洋地域12か国におけるグローバル・サプライチェーン・ソリューションの提供、30,000名以上の従業員の統括・管理、そしてオペレーションの管理を担当しています。36年間に及ぶ、成果重視のグローバル・サプライチェーンにおける経験(うち33年間はDHLにて従事)を活かし、コントラクト・ロジスティクスおよび国際輸送管理を担当してきました。オーストラリアにてコントラクト・ロジスティクス企業を新たに設立する等の功績を上げています。

DHL Supply Chain、北米地域CEO、スコット・シュレディン

シュレディンは、米国およびカナダにおけるオペレーション業務および北中南米全域を網羅する中央管理チームを統括しています。2002年入社以来、コンシューマー(一般消費財)およびライフサイエンス&ヘルスケア事業部門のプレジデント、オペレーション部門SVP等の管理職を経て、北中南米地域COOに就任しました。それ以前の14年間はUS Foodserviceで米国南西部のオペレーション担当VPとして従事していました。経営学の学士号を取得しています。

DHL Supply Chain、中華圏地域担当CEO、イン・ズー

ズーは4,000人以上の従業員を監督し、拡大する輸送ネットワークと900,000 m2以上の広さのある倉庫を管理しています。入社してからの14年間、欧州・米国・中国で管理職を務め、商業、戦略、シェアードサービス、およびオペレーションの担当を担ってきました。  半導体業界の製造プランニング、輸送オペレーション、流通センターのオペレーション、および大手顧客の商業的発展を通して、中国で10年以上のロジスティクス経験を築いてきました。

中国出身のズーは北京大学を卒業しています。化学と経済の学位を持ち、副専攻として法律を学びました。また、オックスフォード大学でMBAの学位を取得しました。

サプライチェーンに関するインサイト

ソート・リーダーシップと革新的思考をもって、業界の最新動向をお伝えします。

    • リセット
    • リスト・ビュー
    • グリッド・ビュー

    最新情報

    DHLのソリューションに関するさらなる情報をお探しの場合、または月1回発行のニュースレター「サプライチェーンに関するインサイト」の購読をご希望の場合には、以下をご確認ください。