SOLAS

コンテナ重量の検査要件

海上でのコンテナ輸送は非常に安全です。しかし、昨今、湾岸において総重量の誤申告に起因するとみられるコンテナの荷崩れ等の事故が多く発生しております。この様な事態を未然に防ぐため、国際海事機構(IMO:International Maritime Organization)と海上運輸業の代表者が共同し、輸出コンテナの重量に関し特定の制度を設けることが決定いたしました。なお、この制度はVGM(Verified Gross Mass – 確定済総重量)を含むSOLAS(Safety of Life at Sea)協定の一部として制定されています。

VGMの要件は、貨物コンテナの正確な総重量を把握し、貨物を載せる前に船舶およびターミナルの運営管理者が収容量を計画できるようにすることを目的としています。船舶 / ターミナル運営管理者の人員と資産、ならびに荷主の積荷を保護するのがねらいです。

2016年7月1日時点で変わったこととは?

2016年7月時点で、荷送人にただちに影響する改訂内容として、積荷リストの提出締切前にすべてのコンテナの確定した貨物総重量(VGM)を運輸会社に報告する必要があります。

また、正確な重量の報告は荷送人の責任となります。貨物総重量を報告しない場合、コンテナを船に積み込むことはできません。

コンテナ重量の確定方法には2種類あります。

  • 方式1:貨物の入ったコンテナの総重量を計測
  • 方式2:個々の貨物、梱包材等を計測し、それらと空のコンテナ重量を合計し計測

DHLではお客様がこの新条約に対応できるようサポートいたします。詳しくは、下記の資料をお読みになるか、DHL Global Forwarding営業担当またはカスタマーサービス担当までお問合せください。

錨を上げて

海上輸送から内陸輸送へのシームレスな接続、安心のグローバルな輸送ネットワークはDHLの海上輸送エキスパートにお任せください。