最新のイノベーション

物流は一見、荷物をA地点からB地点へ運ぶだけの単純なプロセスに見えます。しかし、企業のサプライチェーンの相対的な成功は「運命を左右する」死活問題となるのが現実です。無駄のない製造は、ほぼすべての業界の大企業で標準的なアプローチになっています。そのため、多くの企業が、競争力を維持する方法を模索し、物流プロバイダーに支援を求める状況が続いています。

そして、それがDHLの専門分野です。DHLの物流のエキスパートはお客様と密接に連携し、業界ごとの革新的なソリューションを開発し、革新性を現場にもたらします。DHLでは、DHL Resilience360、DHL SmartSensor、ビジョンピッキング、またはEffiBOTなどを通してこれを実証しています。

Celluveyor

2016年のDHLイノベーション・デーで「Shark Tank」を受賞したCelluveyorは、自動運搬用の新しいテクノロジーです。

DHL Resilience360

新しいリスク管理ツールを活用して、大企業および中小企業がビジネスオペレーションを維持・保護できるよう支援します。

DHL SmartSensor

DHL SmartSensorでは、機密性の高いライフサイエンス・ヘルスケア貨物をエンド・ツー・エンドでモニタリングできます。2010年以降、100万件以上の荷物の監視に利用されています。

EffiBOT

フランスの新興企業Effidenceが開発したEffiBOTは、完全に自動化された新型カートです。倉庫のピッキング担当者のあとを付いて回り、運搬作業をサポートします。

ビジョンピッキング

世界をリードする物流企業DHLは、オランダにおいて、倉庫管理向けスマートグラスの試験導入プロジェクトを成功させました。これは、拡張現実を現場に取り入れる最初の一歩となりました。

最新のイノベーションにフォーカスしたインサイト

    • リセット
    • リストビュー
    • グリッドビュー

    おすすめ情報

    各産業セクターの専門知識

    詳細を読む各産業セクターの専門知識

    各産業セクター向けインサイトおよびソリューション

    詳細を読むサービス&ソリューション

    お客様のロジスティクス・オペレーション最適化を実現するサービスとソリューション