不正取引防止

DHLブランドの不正使用

DHLから送信されたかのように装った電子メールや画像を使用し、DHLの社名や商標を無断で使用してインターネット通販の利用客を騙す詐欺が発生しています。

こうした連絡は、商品配送前に支払請求が発生する一般消費財関連のインターネット通販に多くみられます。

DHLではこのような代金の支払請求を行うことはございませんので、ご注意ください。DHLが申し受ける代金は、DHLに関連する正当な送料のみです。

このセキュリティ通知が荷受人の輸送料、関税、VAT、その他の同等の料金の支払い義務に影響を与えることはなく、これらの料金は配送時に適切に支払われます。

DHLは、不正取引によって不当に生じたあらゆる費用、料金、支払いに対して一切の責任を負いません。

ウェブサイト

DHLブランドを使用する ウェブサイトの統一性について疑問がある場合は、常にグローバルウェブサイトからDHLウェブサイトにアクセスしてください。

詳しくはDHLのグローバルウェブサイトをご覧ください。

不正行為を報告する

DHLから不正な、あるいは疑わしい電子メールが届いた場合は、DHLカスタマーサービスまでご報告ください。

詳しくはお問い合わせください。

スパムおよびウイルス

荷物の配送に影響が生じるため、添付ファイルを開封するよう指示する電子メールがDHLから届いた場合、それは不正メールであり、荷物は存在しません。添付ファイルはコンピューターウイルスの可能性があります。

このような添付ファイルは開封しないでください。この電子メールおよび添付ファイルはDHLから送信されたものではありません。

  • 一般的に「フィッシング」と呼ばれる一連の不正メール詐欺において、DHLの名前が使用されることがあります。そのような電子メールは、DHLが荷物を配送中であると騙り、配送するために必要なこととして、受取人に添付ファイルを開封させようとします。DHLはこのような電子メールを承認していません。作成者はユーザーの関心を引き、メールに正当性を与えるために電子メールの中でDHLの名前を使用しているにすぎません。

    DHLでは「送信元」がDHLであることが特定されない限り、その電子メールを開封しないことを推奨しています。これには次のような複数の事例があります。

    • 電子メールに追跡番号が記載されておらず、電子メール受信者がDHLとは取引をしていない
    • 電子メールに添付ファイルが添付されているが、DHLと取引をしていない
    • 電子メールに添付ファイルを開いて追跡番号を確認することを求める指示がある

    追跡番号が記載された疑わしい電子メールを受け取った場合、その追跡番号を[追跡番号]ボックスに入力して当該番号が有効であるかどうかを確認することができます。追跡結果が表示されない場合、それは有効な追跡番号ではなく、DHLが送信した電子メールではありません。