DHLのリビング・レスポンシビリティ

世界をリードする物流企業として、DHLには、人と人をつなぎ、人々の生活を向上させるという使命があります。さらに、国際的な商取引におけるDHLの規模や重要性を考えると、私たちにはある特別な責任があります。DHLの従業員、社会、環境に対する責任です。

このため、Strategy 2020の一環として、企業責任がDHLのビジネス戦略全体の中で重要な部分を占めています。DHLではこれを「リビング・レスポンシビリティ(Living Responsibility)」と呼んでいます。これは、DHLの関係者や地球に対して、経済的価値、社会的価値、環境的価値を創出するアプローチです。さらに、責任ある商慣習のベンチマークになるという目標の達成にも役立ちます。このビジョンに対するDHLの姿勢は、以下の3つの分野に反映されています。

 

気候ニュートラルな荷物の輸送

陸上フリートにおける効率化テクノロジー

再生可能エネルギーから生成される電気の使用

責任に対する取り組み

DHLは、コーポレート・シティズンシップの活動、責任ある商慣習、共通の価値観の提案に取り組んでいます。このため、DHLでは、環境保護プログラムGoGreenを導入しました。そして、取り組みはこれだけにとどまりません。

ほぼすべての国で存在感を示しているおかげで、DHLは、社会的なニーズを支援できる独自の立場を築いています。DHLは、GoTeachプログラムの一環として、主だった国際組織と協力しながら、子どもや若い世代の教育改善に力を注いでいます。さらに、GoHelpでは、総合的な予防策を示し、国連の災害管理対策をサポートしています。GARDプログラムでは空港の災害対策を支援し、災害時には迅速で効率的な物流支援を提供しています。

GoGreen

GoGreenプログラムを実施する目的は、環境に配慮した持続可能な未来へ向けて導くことです。

GoHelp

GoHelpでは、災害管理を熟知したスキルをもとに効率的なサポートを国連に提供しています。

GoTeach

実績あるパートナーとともに、若い世代に教育の機会と将来のチャンスを与えられるよう取り組んでいます。

Deutsche Post DHL Group、CEO、フランク・アペル博士

ミッション2050

DHLは2050年までにロジスティクス関連のすべての二酸化炭素排出量を削減しゼロにするという壮大な目標を掲げています。この目標に向けて、2025年までに達成すべき4つの暫定目標を立てました。

GoGreenプログラム

DHLは、自社の活動のみならず、お客様のビジネスが環境へ与える影響も最低限に抑えられるように全力を尽くしています。グリーンな物流のエキスパートであるDHLは、事業活動による環境汚染を世界規模で防止し、お客様がより環境に優しく持続可能な形でビジネスを行えるよう支援します。DHLが地球環境に対して持続可能かつ効率的な物流ネットワークを運営する方法や、DHLのGoGreenソリューションの環境およびビジネスへの有効性をご確認ください。

DHL Carbon Calculator

カーボンフットプリントとは、環境への影響を示す重要な指標です。DHLカーボン計算ツールを使用すると、輸送に関連する二酸化炭素排出量を計算することができます。無料で使用できます。お客様の荷物の輸送に関連して排出される温室ガス(GHG)をすぐに確認できます。

DHLのカーボンフットプリント

DHLの取り組みの基盤

責任ある商慣習

責任ある商慣習のベンチマークになるという目標に従い、DHLでは、適用法、倫理規範、国際ガイドラインに基づいて事業を運営しています。


コーポレート・シティズンシップ

コーポレート・シティズンシップ・プログラムの目標は、DHLのコアスキルと従業員の専門知識をもとに、社会と環境に役立つ貢献をもたらすことです。

共通の価値観

共通の価値観の提案によって、社会や環境に貢献するDHLの取り組みが促進され、同時にビジネスの成功にもつながります。

コーポレート・シティズンシップ:Global Volunteer Day

DHLでは、Global Volunteer Dayを実施し、従業員の時間と労力を地域貢献に注ぐよう奨励しています。2015年は、11万人以上のDPDHL従業員が積極的に参加し、26万時間以上をボランティア活動に費やしました。

責任ある商慣習:労働安全衛生

DHLは、従業員の保護と安全を最も重視しています。そのため、「Health、Safety、Well-being」という新しい戦略を実施しています。労働災害は起きてはいけないことだからです。

共通の価値観(ボン) - カーボンフリー配送のモデル

DHLは、ボンとその周辺地域で配送車を電気自動車へ移行しています。カーボンフリーの自動車141台を導入し、CO2の排出量を年間500トン削減する計画です。

従業員:UPstairs奨学金プログラム

DHLでは、UPstairs奨学金プログラムを通じて、従業員の子どもが高等教育を受けられるよう支援しています。世界116か国で、従業員ロイヤリティ、教育を受ける平等の権利、社会的責任の推進に努めています。

お問い合わせ

ビジネス評価、または営業との面談を希望しますか?